代表取締役会長ご挨拶 sep

平素より、格別のお引き立てを賜り、誠に有難うございます。

 私は以前に、日本国政府(文部科学省)より国費留学生として招聘されて来日致しました。15年に滞在し、日本の企業で勤務した経験から、日本の若者たちの“理系離れ”・“3K離れ” が多い、労働者の現実を目の当たりにしました。
今、日本は少子高齢化社会における人材不足に直面し労働力不足を問題視されている事が、理解出来ました。そこで若い人材が多く、仕事において向上心の高い、母国ベトナムの若者を送り出し、日本の人材不足の問題を解決したいと言う夢を、ずっと胸に抱いておりました。

     現在、弊社では日本語教育をはじめ、実技訓練はもちろん、日本での仕事に必要な基礎教育を掘り下げ、“5S活動”や“報・連・相”(ホウ・レン・ソウ)等を取り入れ、言葉だけではなく意味を理解させる実践教育を取り入れております。また生活面においても日本式の銀行や病院などで見られる整理券方式や、日本型コンビニを敷地内に併設し、日本の生活様式を現地でより近い形で教育を行っております。

     現在、JVSグループは他の送出し機関に先駆け、技能実習生教育に「人生設計教育」を新たに取り入れ教育を行っております。これにより、事前体験実習に取り組む実習生は語学・技能の質が格段と上がり、仕事に対する意識が向上し、真面目に仕事に取り組んでおります。

     また、サポート体制としては、ベトナムの全国送出し機関唯一、日本法人を設立。北海道から九州まで日本全国をカバーできる「JVS駐在事務所」「駐在員連絡所」を設置したことにより、言葉の壁をなくし、生活指導から精神面のサポートまで行える体制を確立致しました。他送出し機関では出来ないサポート体制を確立したことにより、受け入れ企業様、監理団体様に高い評価を頂いております。

     常に“カイゼン“を意識しる、JVSグループの今後にご期待下さい。

 

 

顧問紹介

1-28.cdr

 

 

組織図

       

 

会社概要

1-28.cdr

 

 経営理念so1-46

経営方針so2-46

JVSの使命so1-47JVSが目指すものso2-47

JVSの価値so3-47